CADを導入したい!導入時に考えておくべきこと

製図はどのように書くのか

製図は器具や道具を用いて、図面を製作することです。製図は、物の機能や構築状況を視覚的に正確に伝えるために、線の種類や書き方など記載のためのルールがあり、ルールに沿って書くことが大切です。

CADとはどんなものなのか?

建築設計でよく耳にするのがCADですが、なんとなく知っていてもどんなものなのか深く知らない方もいると思います。CADは、「Computer Aided Design」または「Computer Assisted Design」を頭文字を取って省略した言葉で、コンピュータによる設計支援と言う形に訳されます。つまり、今まで人の手で行われてきた設計をコンピュータで行うようにし、効率を高める目的で作られました。CAD自体は1960年代に原型と言えるものが出来ましたが、技術革新や多角的な工業製品が必要とされてきたニーズをとらえて、様々なCADソフトが開発されてきました。今では、2次元だけではなく、3次元を表現できるものや、建築・土木・配管等、各分野で使用しやすい専用のCADも作られています。

CADを導入するとどんなメリットがあるか

CADは専用ソフトを使用しますから、初期費用を低く抑えるにも限度があります。それでもCADを導入するとどんなメリットがあるのでしょうか。一つには、作業効率をアップできる点が挙げられます。紙ベースで製図を行うことに比べて、形状や大きさ、長さなどを簡単に調整することが可能ですし、ミスをしても簡単に修正することが可能です。そのため、整合性を保って作業を行うことができるメリットがあります。また、図面が紙ではなくデータで管理できるため、取り扱いが容易であるのも良い点です。

手書きの製図のメリットとデメリット

今では製図の主流がCADになっているとはいえ、手書きの製図ができることにはメリットがあります。手書きの製図ができると言うことは、製図の基本をマスターしていることになるので、CADを使用する場合でもミスをせずに済み、正しい判断ができます。また、停電になった時などでも納期を守ることができるのがメリットでしょう。手書き製図のデメリットは、マスターするまでに時間を要する点です。また、今ではメールなどで情報のやり取りが可能なので、CADデータであれば簡単に送信できますが、手書きの図面は大きさによってはFAXなどでも送りにくい場合があり、直接持ち込む必要があるのが難点です。

CADを導入する時に考えておきたいこと

CADを導入する場合は、まずどんなタイプのCADソフトを導入するかを決めます。ソフトには専用型と汎用型があり、それぞれメリットデメリットがあり、自社の使用目的にかなうものを選べます。また、初期費用だけでなく、ランニングコストにも目を向けることができます。教育費用なども考慮するとよいでしょう。また、データ形式が取引先に受け入れられるものかどうか、業界標準のものかどうかも大切なポイントです。

電気CADとは、電気設計に特化したCADシステムです。このCADを使用することで、電気設備図面作成の効率化、時間短縮が期待できます。