腕時計を買い取ってもらう方法や売り方のコツについて

業者間の競争によりサービスがかなり進化している

どの業界もサービスレベルというものは激しい競争の中で少し進化していくものです。時計買取業者はもともと狭い商圏で事業を行うケースが大半でしたが、インターネットの登場によって小さな店でも全国を商圏として事業ができるようになりました。そして競争が激化する中で、顧客獲得のために各業者がよりよいサービスを追求していった結果、今ではオンライン買取にて素晴らしいサービスを受けられます。

どれくらい素晴らしいサービスを受けられるのか

売るサイトの選び方としては、キーワード広告で上位に入る業者は潤沢な資金を持っている証拠のため、高く買い取ってほしいなら上位の中から選ぶのがおすすめです。オンライン買取の手順としてはいきなり業者に商品を送るわけではなく、まずは型番や保存状態を説明して見積もりをしてもらいます。見積り額に納得した場合は業者が宅配キットを送付してくれますので、送付用パッケージに商品と必要書類を入れて送付します。その後本査定が行われますが、もし保存状態などの関係で思ったよりも高く買い取ってもらえない事が判明した際は売らずに商品を返してもらう事も可能です。売却が成立した場合は、指定した口座に最短即日でお金を入れてくれるため、例えば金欠中のかたにとっては心強い存在といえます。

時計が動くかどうかが重要

送付前に型番などを言って業者に仮見積もりを行ってもらう際に、業者は「時計が動くならいくら」「動かないならいくら」という風に通達してきます。つまり、時計が動かない状態で買い取ってもらおうとすると査定額が数万円下がったりするため、クオーツ式時計は電池交換をこちらで行ってから売却しましょう。

時計の買取を行っている店舗では、店頭だけでなく、宅配や出張などの手段でブランド時計の査定を引き受けているところもあります。