不安を解消したい!処女膜強靭症の治療方法

処女膜強靭症について

処女膜強靭症とは処女膜が通常より厚く、硬く伸びにくくなっている症状です。一般的な処女膜は1ミリくらいの、柔らかな粘膜で形成されています。性交渉を重ねることで徐々に馴染み、痛みや出血などもなくなります。一方、処女膜強靭症の場合は、性交渉の度に強い痛みと出血を伴うことがあります。それでも日常生活では自覚がないので、気が付かないケースも少なくありません。性交渉に痛みが伴うと恐怖が増し、不妊症になるリスクにつながったりします。また、出産の際に難産になることもあるので、早期に治療を受けることが大事です。

実績のあるクリニックを選ぶ

処女膜強靭症の対処方法として、いくつか挙げることが出来ます。心理的要因が原因であれば、カウンセリングで治ることもあります。性交渉の際の分泌液が足りなければ、ローションで対処することも可能です。但し、生まれつき膣が狭かったり処女膜が強靭な場合は、切開手術や切除手術が必要になります。一般的な産婦人科では、処女膜強靭症の診断は付けられないのが現状です。それゆえ自分が該当するか不安であれば、処女膜強靭症の治療実績があるクリニックを選ぶことが大事です。

カウンセリングによるケア

処女膜強靭症の手術は、10~15分くらいで終了します。入院の必要がなく、日帰りで受けることが出来ます。手術に際しては局所麻酔や静脈麻酔をかけ、術中に痛みを感じることはありません。また、術後の痛みもほとんど無いので、身体への負担が少ないと言えます。実績のあるクリニックであれば、術後のサポート体制も整っているものです。カウンセリングによって、性交渉の恐怖心をなくすことが大切です。

処女膜強靭症とは、女性の処女膜が通常より厚くて、硬くなっている病気です。自覚症状はあまりありませんが、性交渉の際に強い痛みと出血を伴うという症状があります。