県外で自動車免許を取ろう!合宿免許で安く!早く!

合宿免許は県外の施設を利用すること

安い上に短期間で自動車免許を取得できるのが、合宿免許の大きなメリットですが、どこを利用すればよいか迷う方もいるはずです。合宿免許は基本的に県外(東京に住んでいるのなら都外)で取得するものなので、これから施設を選ぼうと考えている方は気をつけなければいけません。近場で合宿免許に対応した施設がある方は、そちらを利用しようと考えるかもしれませんが、そこに申し込んでも断られるだけです。

合宿免許の施設には入校不可地域がある

近場の施設の合宿免許を利用できないのは、入校不可地域というシステムがあるからです。施設があるエリアは、ほぼ間違いなく入校不可地域に設定されているため、地元に住んでいる方は利用することはできません。つまり、合宿免許を活用したいのならば、地元という選択肢は外して、県外の施設を選ばなければいけないのです。ちなみに、入校の手続きに必要な書類の中には、住民票が含まれているので、現住所を誤魔化しての施設の利用は不可能です。

通う施設は自由に選べる

現住所が施設から入校不可地域に設定されていないのなら、自由に選定することができます。青森でも福岡でも、どこでも自分の意思で選べるため、いろいろと施設を調べて自分に合ったところに入校しましょう。なお、施設によっては、観光をしやすい環境を整えてくれている場合があります。そのため、もしも文化や風土に興味がある地域が存在するのなら、そちらが所在地の施設を選んで、運転免許を取得するついでにさまざまな観光地を見て回るのもよいでしょう。

合宿免許は、宿泊施設に滞在しながら集中して運転免許取得のための訓練をすることです。通いながらの訓練に比べて、効率よく短期間で免許の取得が可能です。