女性器整形手術の前後で気をつけることとは?

女性器整形手術前の注意点

女性器整形手術は、決して難しい手術ではありません。ですが、体にメスを入れる手術に変わりはないため手術前には体調管理に気を付けるようにしましょう。具体的には、手術前には感染症にかからないように注意することが大切です。風邪等で発熱した場合などは手術が延期されることもあります。また、前日の暴飲暴食も避けた方が良いでしょう。できれば、アルコールの摂取も控えた方が安心です。

また、手術前はメンタル面のケアも大切なポイントです。インターネットでいろいろと手術について調べすぎると不安ばかりが大きくなるのであまりおすすめできません。医師の言葉を信じてなるべく手術日まで穏やかに過ごすことを心がけましょう。手術が成功したら、どんな自分になっているか想像するなど良いイメージを持つことが大切です。

女性器整形手術後の注意点

手術後は、医師の指示によく従って早く体調を回復させることが大切です。女性器整形手術は、日帰りでできる手術の場合も多いです。そのため、手術が終わると安心して無茶な行動をしてしまう人もいます。具体的には手術後すぐに仕事をしたり、遊びに行ったりすることがあげられます。こうした行動は、傷の治りを遅らせたり、せっかく閉じた傷口が開いてしまうリスクがあります。手術当日は、なるべく体を休めるようにしましょう。

また、手術後の診察は必ず受けるようにしましょう。思わぬところで回復が遅れていたり、感染が見つかったりすることがあります。最後まできちんと診察を受けることで、初めて手術の成功ということができるでしょう。

小陰唇の左右の大きさや形が違う、色が黒ずんでいる、大きすぎるといった悩みを持つ女性が多く、女性器整形手術を受ける人が増えています。